F.I.B JOURNAL

F.I.B JOURNAL

フリーセッションを基調とし、
自在なスポークンワーズが絡む独特なスタイルは現代版のビートニク音楽と表される。
圧巻なライブには定評がある。
現在までに4枚のアルバムを発表。
近作の” Calm & Punk ” パンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ。

今回はピアニストの柴田敏孝を招き、鍵盤トリオ編成で登場。

2013年にニューアルバムの発表を予定してる。

F.I.B JOURNAL(Duo+1)
山崎円城(Vo,G)
沼直也(Dr)
Guest
柴田敏孝(P)